スポンサーサイト

  • 2017.08.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    社長の教科書 小宮一慶

    • 2015.02.20 Friday
    • 17:20
    評価:
    ---
    ダイヤモンド社
    ---
    (2013-03-25)
    Amazonランキング: 16018位

    ■社長の教科書 小宮一慶

    p1
    私は経営の本質とは、ヾ覿箸諒向付け∋餮擦虜播配分人を動かすの3つだと思います。

    p5
    まず経営者に求められるのは、「経済学」と「心理学」だと私は考えています。
    つまり、「経営」について本当に勉強しようと思うなら、まずは世の中の動き、人の動き、人の心を知ることが大事なのです。

    p20
    大切なのは、経営者が「何をやるか、やめるか」を正しく決める判断能力をもつこと。
    さらにその大前提として、経営者の考え方が確立していることが重要。

    p28
    一倉先生の名言「アイディア社長が会社を潰す」
    社長であれば色々とアイディアを思いつきますし、アイディアをもつこと自体は悪いことではありません。
    ただしそれを仮説だと思えなかったらダメだということです。

    p38
    公私混同かそうでないかの基準は、とても簡単。同じことを部下がやっても許せるかどうかです。

    p44
    利益は結果です。良い会社を作れば結果として儲かるのです。

    p47
    社長として大事なのは、いかに「お客様志向」の会社を作れるか。

    p87
    ビジョン・理念ーーつまり「考え方」を貫き通している会社こそが実は成功します。

    p88
    儲けることばかり重要視している会社よりも、「良い仕事をしよう」「お客様第一を徹底しよう」ということを追求している会社の方が結果的に儲かっている。

    p173
    マニュアル通りにやっても感動は生まれる

     

    スポンサーサイト

    • 2017.08.29 Tuesday
    • 17:20
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      Amazon

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM